Browse: HomeRCNS活動報告 → 修士論文発表会2017

修士論文発表会2017

 

 

無事に論文発表会を終えたニュートリノセンター所属、修士過程2年生の5名。
発表会での様子と論文の概要をご覧下さい。

写真をクリックしますと各メンバーの発表の様子を紹介しているページへジャンプします。

 

 

『カムランド外水槽チェレンコフ検出器の刷新と性能向上』
修士課程2年 尾崎 秀義
(KamLAND所属)

   発表:2017年1月31日

 

『KamLAND-Zen実験における宇宙線ミューオン起源の
バックグラウンド除去効率の改善』
修士課程2年 狩野 祐喜
(KamLAND所属)

   発表:2017年1月31日

『マルチアノードPMTを使ったイメージング検出器による
粒子識別の研究』
修士課程2年 高井 貴行
(
KamLAND所属)

   発表:2017年1月31日

『金属スカベンジャーによるKamLAND-Zenの
低放射能化に関する研究』
修士課程2年 寺岡 夕里
(KamLAND所属)

   発表:2017年1月31日

『KamLAND2-Zenに向けた集光ミラーの最適化』
修士課程2年 林 歩美
(KamLAND所属)

   発表:2017年1月31日

  

皆さん、大変お疲れさまでした‼︎

今日に至るまで、寝ても覚めても論文のことで頭が一杯だった事でしょう。

苦しい道のりを乗り越え、無事発表までやり遂げられ、おめでとうございます。

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat