Browse: Homeメッセージ → 学生の皆様へ

学生の皆様へ

KamLAND(カムランド) KASKA/DoubleChooz (カスカ/ダブルショー) (研究グループ名をクリックすると各グループからのメッセージ掲載箇所にジャンプします。)

KamLAND

出身地:大阪 専門分野:素粒子実験 1988年-大阪大学理学部卒 1990年-大阪大学大学院理学研究科修士課程修了 1992年-東京大学大学院理学系研究科博士課程中退 1992年-東京大学宇宙線研究所助手 1994年-博士(理学)の学位取得(東京大学) 1998年-東北大学大学院理学研究科助教授 2004年-東北大学大学院理学研究科教授(現在に至る)
日本がリードするニュートリノ研究において、東北大学が中心となって推進するカムランド実験は、太陽ニュートリノ問題の解決・原子炉ニュートリノ振動の精密測定・ニュートリノ地球物理の創出といった非常に大きな成果を上げてきました。今後もこれらの研究を進展させ、世界をリードしていくとともに、新たに太陽組成問題の究明やニュートリノを伴わない二重β崩壊の探索など最先端の課題にも挑戦していきます。特にカムランドが実現している極低放射能環境はアイデア次第で多くの分野への展開が見込めます。並行して行っている反電子ニュートリノ到来方向検知のための開発研究は学問的な興味にとどまらず、原子炉の非破壊診断など実社会への応用にもつなげられると考えています。 社会とのつながりを意識しつつこのような最先端研究に参加し、日頃から国内外の優秀な研究者と切磋琢磨できる環境において、新たな研究分野開拓を経験することは、科学立国日本を支える国際的で広い視野の学生を育成する絶好の場と考えています。今後もこのような基礎研究に対するご理解・ご支援をお願いするとともに、やる気にあふれた多くの学生の参加を期待しています。
クリックすると公式ホームページに移動します

KASKA/DoubleChooz

出身地:兵庫県 専門分野:素粒子実験 1977年-東京工業大学理学部入学 1981年-東京工業大学院修士課程入学 1983年-東京工業大学院博士過程入学 1987年-東京工業大学院博士過程満期退学 1987年-高エネルギー物理学研究所 助手 (素粒子実験) 1988年-理学博士取得 (東京工業大) 1989年-東北大学大学院理学研究科 助手 1997年-東北大学大学院理学研究科助教授 2008年-東北大学大学院理学研究科准教授(現在に至る)
ニュートリノ振動は、素粒子の統一理論の鍵を握ると考えられている特異な現象で、その実験的研究は非常に重要です。これまでなされた2種類のニュートリノ振動の発見では日本が主導的な役割を担なって来ました。 「KASKA/DoubleChooz実験」とは、スーパー神岡、KamLAND実験に続き、第3のニュートリノ振動を検出/測定する実験で、日本での将来計画KASKAとフランスで建設中のDoubleChooz実験の名前を組み合わせた呼び名です。 現在は、フランスのChooz(ショーと発音します)原子力発電所で行われるDoubleChooz実験で第3のニュートリノ振動の世界初の検出を目指しています。 Chooz原子力発電所とDoubleChooz実験装置 フランスのChooz原子力発電所とDoubleChooz実験装置(2台ある) この実験装置は現在建設中で2009年夏には最初のデータを収集する予定です。東北大は、DoubleChoozの日本グループのリーダーとなり、首都大、東工大、新潟大、神戸大、東北学院大、広島工大、宮教大とともにDoubleChooz検出器の重要部分である光検出器システムを担当しています。 一方KASKAは、世界最大の原子力発電所である柏崎刈羽(Kashiwazaki-Kariwa)原子力発電所から発生する世界最高強度のニュートリノを使用して、第3のニュートリノ振動を超高感度で測定する実験で、2013年以降の実現をめざしています。 本研究施設のKamLAND実験との違いは、KamLANDは第2のニュートリノ振動を探索・発見したのに対し、KASKA/DoubleChoozは、これから新しいニュートリノ振動を探索しようとしていることです。グループが小規模(教員一人、ポスドク一人(フランス駐在)、学生3人)であるため、紛れることなく自分の存在感を出せる一方他の大学グループと密接に協力して研究を行っているため東北大学だけでなく視野を広く持てます。また実験場はフランスであるため、海外での仕事が多く、外国人研究者との交流が多いことなどもあげられます。DoubleChoozグループは、国際グループであり、この実験を通して得られた国境を超えた友人と国際的な経験は、将来の貴重な財産となることでしょう。 DoubleChooz実験は今まさに建設中であり、解決しなければいけない課題はたくさん有ります。もしかしたら自分の行った仕事で大発見の興奮を味わえるかも知れません。

やる気のある学生の方をお待ちしています。

マックスプランク研究所での作業風景 ドイツ、マックスプランク研究所での作業風景(修士一年生) 手前の光検出器がニュートリノ信号をとらえます。

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat