KamLAND-Zen神岡鉱山地下実験室からのレポ vol.9

大変ご無沙汰しておりました!Zenlog再始動です。 今回KamLANDチームは、グレードアップされた環境での研究をする為、準備作業に取りかかっているところです。 “準備”とはいっても大変大掛かりな作業ばかり。仙台-神岡実験室を行き来し、教員・研究員・学生関係なく皆さん大忙しです。 今回も神岡実験室からのレポートをメインに実験の様子を紹介していきますよ!
いよいよ、ミニバルーンに入った液体シンチレータから不純物を取り除く作業を再開させます。

キセノン装置のオペレーションシステムを松田さんに説明しています。

新しく今回から松田さん(D1)がキセノン装置のエキスパートになるべくトレーニングしています。

キセノン装置のバルブを調整しています。

バックグラウンドを2桁落とし、二重β崩壊探索を9月から再開する予定で、世界最高感度での探索、またニュートリノを放出しない二重β崩壊事象の発見をめざし、カムランド禅メンバーが総力を挙げて研究に取り組んでいます。

キセノン装置の温度、圧力、流量をモニターしています

レポby 助教 上島

前回のレポを読む