Browse: HomeRCNS活動報告 → 修士論文発表会 2014 大木悠平

修士論文発表会 2014 大木悠平

カムランドを利用したガンマ線バースト発生源の研究


修士課程2年 大木悠平

私は「ガンマ線バースト(GRB)」という、宇宙で発生する非常にエネルギーの大
きな爆発現象の研究を行いました。
GRBは未知の部分が多く、特に爆発を引き起こす源は光では見えないと予想され
ているため、望遠鏡では調べられません。

このように謎の多いGRBの発生源ですが、実はそこからはニュートリノの放出が
予想されています。
私はこのニュートリノを調べることで、光では見えないGRBの源について、
そこでの温度とニュートリノの放出量に対する制限を与えることに成功しました。

2014年2月3日

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat