KiNOKO-DAQ 関連情報 掲示板

このスレッドに記事を投稿する
前のスレッド | 次のスレッド | 掲示版ホーム

マルチクレートによるデータテイク
2002 年 9 月 13 日 23 時 47 分
投稿者:


マルチクレートによるデータテイクについて
2002 年 9 月 14 日 0 時 6 分
投稿者: ヤナセ@名古屋大学

 はじめまして。やなせと申します。
 現在、camdrvを使って、DAQプログラムでcamlib.hをインクルードしてデータテイクをしているのですが、クレートを二つ使ってデータテイクする必要が出てきました。
 現在は、クレート番号が0のみということですが、
複数のクレートを使用できるライブラリはないでしょうか?
 これで結構苦戦しています。是非、紹介して頂きたいです。
 よろしくお願いします。
 



2002 年 9 月 18 日 19 時 25 分
投稿者: 榎本 三四郎

とりあえず camdrv で setcn()/CSETCR() を使えるようにしてみました。
今のところ Linux 2.4 の CC-7700/PCI と CC-7700/ISA のみで使えます。
ただし、手元にテストに使える CAMAC のシステムがないため、動作テストはしていません。
できれば動作報告をしてもらえると助かります。問題があった場合は、可能な限り
対処したいと思います。

以下の場所にあるので、ダウンロードして使ってみてください。
問題なく動作することが確認できたら、正式にリリースしたいと思います。

http://www.awa.tohoku.ac.jp/~sanshiro/kinoko/camdrv/camdrv-0.6.0.tar.gz

成功しました
2002 年 9 月 27 日 19 時 25 分
投稿者: 柳瀬@名古屋大学

遅くなってすみません。作っていただいたcamdrvでマルチクレートでのデータテイクを試みたところ、問題なく動作しています。ありがとうございます。


このスレッドに記事を投稿する