KiNOKO-DAQ 関連情報 掲示板

このスレッドに記事を投稿する
前のスレッド | 次のスレッド | 掲示版ホーム

UniverseII の I/O について
2003 年 2 月 6 日 18 時 45 分
投稿者: 樋口岳雄

はじめまして、高エネ研の樋口と申します。

bit3 でなくて恐縮なのですが、UniverseII について質問させてください。

この UniverseII なのですが、
I/O 空間の領域を 4kB 要求してきます。
PCI の規格によると I/O は 256 バイトまでと
なっているのでこれは規格違反ではないかと思っております。
そして、この状態に引っ張られて
CPU の BIOS が「異常」を検出しているのではないか
と思われる節があります。
(この異常が曲者で boot process がとまるので困っております)

うまい解決策をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

役に立ちませんが...
2003 年 2 月 12 日 23 時 14 分
投稿者: 榎本 三四郎

全くコメントがないのも感じ悪いので、役に立ちませんがちょっと書いてみます。

PCI のちゃんとした仕様書を読んだわけではないので詳しくは分かりませんが、I/O 領域を 4kB 割り当てても、ハードウェア的な問題は特にないような気がします。PCI の全 I/O スペースが 64kB で、アライメントなどで多少隙間ができたとしても、これが足りなくなるというのはたぶんないと思います。一旦割り当てられてしまえばあとはメモリアクセスと大差ないので特に問題は生じないような気がします。(このへんのことに詳しい方がいましたらぜひコメントしてください)

異常を検出しているのは BIOS でしょうか?
それなら、Windows も含め、どんなOSでも使えないということになりますよね?

boot process が止まるというのは、Linux のブートでしょうか? そのときにエラーメッセージなどは出ていないでしょうか?

SBS の CPU ボードを見ると、Universe II を載せているものでも、Linux がサポートされています。このへんのことから、問題はハードウェアではないように見えます。

もし、カーネルがブートプロセス中に、256 バイトを越える I/O を要求するカードを見つけ、警告を出しているなどが原因なら、単純にその部分を書き変えてやれば済むような気もします。このへんの処理については、
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/The-Linux-Kernel-7.html
に簡単にまとめてあるので、参考になるかもしれません。

役に立たない内容でごめんなさい。


このスレッドに記事を投稿する