KiNOKO-DAQ 関連情報 掲示板

このスレッドに記事を投稿する
前のスレッド | 次のスレッド | 掲示版ホーム

Output Reg.
2003 年 8 月 20 日 22 時 18 分
投稿者: 市原 佳代子

こんにちは市原です。いつもお世話になります。

VmeCamacBridge.ktsをもとに、LeCloy のADC 2249Wを使っています。
vetoのクリアーに Output register(8個のNIM out が2chあるタイプで大学で
製作したものです。)を使ってみました。以下の読み出しスクリプトで、うま
くいっているのですが1つ問題があります。1event目をとるためのvetoのクリ
アーを手動でしなければいけません。

今使っている読みだしスクリプトをVmeCamacBridge-OutReg.ktsとして添付します。

1event目のデータをとるためのvetoクリアーをstartをクリックしたあとすぐ
に行なうためには、きっと、

    on trigger(adc) {

の上に、

    on ?????()
       {
       out.transact(F, A, data); 
       }

を書くのでは?と思い、 適当に ????? を埋めてみましたが、うまく行きませ
んでした。うまく、1event目のデータをとるためのvetoクリアーを行なう方法
を教えていただけませんか?


添付ファイル: VmeCamacBridge-OutReg.kts (978 byte)

2003 年 8 月 21 日 20 時 56 分
投稿者: 榎本 三四郎

???? のところを run_begin にすれば,start クリック直後にその部分が実行されます(run_begin の後ろの '()' は必要ありません).同様に,run_end とすると,stop クリック直後にその部分が実行されます.

on run_begin と on trigger の間に少し間隔をおきたい場合は,run_begin ブロックの最後に suspend(sec, usec) を書けば,その分だけ実行を停止させることができます.

SoftwareModule の OneShotTimer や IntervalTimer を使うと,もっと複雑なタイミングのコントロールをすることができます.使い方の例は,リファレンスのモジュールドライバのソフトウェアモジュールの項に書いてありますので,参考にしてください.


このスレッドに記事を投稿する