市民講座開催 報告

 

12月5日(土)にメディアテークにて市民講座「ノーベル賞物理がわかる ーニュートリノのはなしー」を開催いたしました。
短い告知期間だったにも拘わらず、111名の皆様に足をお運びいただきました。

DSC_3878

2015年のノーベル物理学賞は「ニュートリノ振動の発見によってニュートリノに質量があることを示した」スーパーカミオカンデ実験(日本)の梶田教授(東京大学)、SNO実験(カナダ)のマクドナルド名誉教授(クイーンズ大学)に贈られました)。当センターも2004年までスーパーカミオカンデ実験に参加し、また独自のカムランド実験によってもニュートリノ振動の確立に大きな貢献をしてきました。

今回の講座では、ノーベル物理学賞がニュートリノ研究に贈られたことを記念して、一般の方にもわかるニュートリノ解説として講演を開催いたしました。

フォトギャラリーをこちらでご覧いただけます

多数のご参加、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です