最新予備結果 : 地球反ニュートリノで直接測る、地球内放射性物質の存在比

2016年10月25日に東北大学で行われた国際ワークショップ「Neutrino Research and Thermal Evolution of the Earth」において、カムランド実験における地球反ニュートリノ観

知のフォーラム

2016.10.25〜27に東北大学 知のフォーラム(Tohoku Forum for Creativity)の一環で、国際ワークショップが開催されました。テーマはGeo-Neutrino(地球ニュートリノ)です。 In

博士論文発表会2016

松田さゆりさんが無事、10月14日に博士論文発表会を終えました。下記より発表の様子をご覧ください。 2016年10月14日     Limit on Majorana Neutrino Mass wi

KamLAND collaboration meeting 2016 Fall

  KamLAND Collaboration meeting 2016 Fall 9月15日〜17日にKamLANDコラボレーション・ミーティングがアムステルダムの Nikhef(National Insti

プレスリリース:二重ベータ崩壊を使ったニュートリノ研究で宇宙物質優勢の謎に挑む

二重ベータ崩壊を使ったニュートリノ研究で宇宙物質優勢の謎に挑む -準縮退型のマヨラナニュートリノ質量を大きく排除- 国立大学法人東北大学ニュートリノ科学研究センターが国内外の研究機関と連携する国際共同実験グループ「カムラ

神岡にて感謝会を開催

6月4日にKamland施設のある神岡で、地域住民の方への感謝会を元センター長の鈴木厚人先生と共に行いました。 鈴木厚人先生とカムランドグループがブレークスルー賞を頂いたのを機会に、お世話になってきた地域住民の方々と 感

Breakthrough Prize受賞 祝賀会

当センター客員教授の鈴木厚人先生とKamLANDグループが2016年基礎物理ブレークスルー賞を受賞した記念に、KamLANDグループメンバーと共に祝賀会を行いました。参加したのは、Collaboration Meetin

KamLAND Collaboration Meeting 2016 Spring

  KamLAND Collaboration meeting 2015 Fall 3月24日から26日にかけてKamLANDコラボレーション・ミーティングが東北大学で開催されました。今回は鈴木厚人さんのBre

【受賞】大浦 智也さん東北大学物理専攻賞を受賞!

KamLAND groupの大浦 智也さんが、修士論文『KamLAND2-Zen実験に向けた新液体シンチレータの純化』にて東北大学物理専攻賞を受賞しました。おめでとうございます! (修士論文発表会の様子と論文概要はコチラ

サーバーシステムが新しくなりました

旧サーバー前で記念撮影  残りの旧サーバーも撤去されるにあたり、皆んなで記念撮影長年お世話になりました 1列に並んだ黒いサーバー全て撤去です 旧サーバー撤去完了 こんなにスペースが空きました 空いたスペースはどうするんで

震災に関するお知らせ

震災に関するKamLANDからのお知らせは、東北大学ニュートリノ科学研究センターHPにてご確認下さい。 東北大学ニュートリノ科学研究センター最新情報 http://www.awa.tohoku.ac.jp/rcns/?p

KamLAND周辺の秋

<お知らせ> 2010年12月17日、18日に二重ベータ崩壊研究懇談会が開催されます。 詳細はコチラにてご確認下さい。 参加登録の締切り日は2010年11月17日です。 参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

KamLAND-Zen test balloon for the KamLAND double beta decay experiment

カムランドではキセノン同位体を使った2重ベータ崩壊探索実験 を行う計画で開発研究を進めています。この実験ではカムランド検 出器の中心に、液体シンチレータを満たした小型バルーンを設置 し、これにキセノンガス( 136Xe濃縮ガス )を 400kg 溶かし込み、12本の細い紐で吊るします。...

研究の様子

先日東北大学大学院理学研究科・理学部 広報室さんの依頼で研究の様子がされました。 RCNSウェブサイトにてフォトギャラリーをご覧下さい。

カムランドとは?:設置場所とカムランドエリア

ニュートリノは物質と反応しにくいため検出には大量の物質を必要とします。「カムランド」は世界最大(1000トン)の液体シンチレーターを用いたニュートリノ検出器です。その名前( KamLAND ) は Kamioka Liquid Scintillator Anti-Neutrino Detector 、すなわち「神岡液体シンチレーター反ニュートリノ検出器」のことで、...

カムランドとは?:(反)ニュートリノの検出方法

ニュートリノや反ニュートリノは、ごくまれにしか他の物質と反応しないため検出するのが大変難しい粒子です。 カムランドではこの低頻度のニュートリノ反応事象を検出するために、液体シンチレーターと呼ばれる発光性の油を用いています。 液体シンチレーターは...

ニュートリノとは?

物質を構成する最小の粒子を素粒子といいます。 現在確認されている素粒子は、陽子や中性子を構成するクオークと、電子の仲間であるレプトンに分類され、どちらも6種類あることが分かっています。レプトンの中で3種類は電荷がなく、これをニュートリノと言います。 ...

神岡·検出器について 1

カムランド検出器は岐阜県神岡町の神岡鉱山の地下 1,000メートルに掘られた直径 20 メートル、高さ 20 メートルの円筒形の大きな洞窟の中にあります。なぜ地下深くに検出器をおくかというと、地上では、宇宙線といる粒子が多量に降り注いでいて、微弱なニュートリノの信号を捕まえる時に邪魔になるからです。 宇宙線とは...

神岡·検出器について 2

カムランドでは、1,000 トンの液体シンチレーターを使ってニュートリノを捕まえます。 液体シンチレーター中で素粒子反応が起きた時出す光の量が、カミオカンデの場合のチェレンコフ光と呼ばれる光に比べ、桁違いに多いので、より低いエネルギーのニュートリノまで捕まえることが出来るのです。 自然界 ...