KamLAND-Zen神岡鉱山地下実験室からのレポ vol.8

久しぶりのZenlog更新です。新たなKamLAND禅Zenの動きをレポートしていただきました!

キセノンを用いて暗黒物質探索を行なっているXMASSグループが開発したキセノンの蒸留塔をお借りして、 キセノンの蒸留試験を進めています。

ニュートリノを放出しない二重β崩壊探索の感度をさらに向上させるためには、キセノンガスの純化が必須です。蒸留塔は高さ3mあり、塔の上部に冷凍機、下部にヒーターが取り付けられています。

上部、下部の温度差を2℃程度つけて、下部に奇麗に精製されたキセノン、上部に低沸点成分の不純物が濃縮されます。 蒸留塔下部より精製されたキセノンを製品として取り出します。

新しくカムランドメンバーに加わった本木さんとキセノン蒸留の準備を行なっています。

助教 上島 考太

前回のレポを読む