KamLAND-Zen神岡鉱山地下実験室からのレポ vol.11

研究準備作業の進捗状況です。
ミニバルーンに入っていた液体シンチレータをきれいにする純化作業が終りました。
8月からミニバルーンに入っていた液を抜き出し、液体シンチレータを蒸留する蒸留装置に送り、
蒸留してきれいになった液体シンチレータを再度ミニバルーンに入れるという作業です。
トータル33m3の液体シンチレータの循環を行いました。

ミニバルーンに入っている液体シンチレータを2回総入れ替えし、純化した事になります。
純化が終了し、いよいよ10月からキセノンを液体シンチレータに溶かし、ミニバルーンへ導入し、
ニュートリノを放出しない2重ベータ崩壊の探索を再開し、他を圧倒する世界最高感度ので探索を行っていきます。 By 助教 上島
M1の林田くん。皆さん協力しあい新たな研究に向けて奮闘中!

 

 

過去のZenlogをみる

前回のZenlogをみる

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です