論文:6Li-loaded directionally sensitive detector for possible geo-neutrinograohic imaging applications

論文リストを更新しました。

論文タイトル:6Li-loaded directionally sensitive detector for possible geo-neutrinograohic imaging applications
(6リシウム添加方向検知検出器の地球ニュートリノグラフィへの応用の可能性)
著者:Hiroyuki K.M. Tanaka 1, Hiroko Watanabe 2

1 Earthquake Research Institute, The University of Tokyo
2 Research Center for Neutrino Science, Tohoku University

東北大学ニュートリノ科学研究センターの地球ニュートリノ観測技術と、東京大学地震研究所で開発が進められている火山のミュオグラフィ技術を融合することで、地球内部を透視する地球ニュートリノグラフィに使える可能性のある反電子ニュートリノ方向検知技術を見出しました。本技術を使うことによって、破局噴火を起こす様な巨大マグマだまり、地球形成過程で局在化したコア・マントル境界の巨大不均質構造など新たな観測窓を開ける他、原子炉モニタリング、天体物理学への貢献などの波及効果も大きいことが予想されます。この成果は、4月24日にScientific Reports電子版に掲載されました。

http://www.nature.com/srep/2014/140424/srep04708/full/srep04708.html
日本語解説付き

過去に発表した論文一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です