FPGAトレーニングコース2014@東北大学


RCNSにてFPGAのセミナーを開催しました。講師は内田智久(KEK)さんで、RCNSからは助教の石徹白さんがお世話役の一人として参加しました。

DSC_5443 DSC_5448 DSC_5458 DSC_5460 DSC_5461 DSC_5462 DSC_5464 DSC_5508 DSC_5510 DSC_5518


**開催主旨**
FPGA回路開発時に必須である開発ツールの未経験者向けのセミナーで、セミナー終了後に独学で開発を進める事が出来る最低限の予備知識の習得を目指します。
 


FPGAとは?

FPGA(エフピージーエー)とは、一言で言うなら、「後からでも回路の書き換えが可能なロジック・デバイス」です。

FPGAは、Field Programmable Gate Array の頭文字をとったもので、現場(Field)で、書き換え可能(programmableプログラマブル=プログラム可能な)、LSI(論理ゲート(Gate)が格子(Array)状に並んでいるセミカスタムLSI)という意味です。


  • 対象:FPGAに興味のある大学院生, 研究員, 教員, 技術職員
  • 日程:2014年10月30日(木)~10月31日(金)(2日間)
  • 場所:東北大学 ニュートリノ科学研究センター 別館224室
  • 主催:東北大学
  • 後援: Open-It、KEK加速器科学総合支援事業、九州大学 素粒子実験研究室

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です