Browse: HomeMember's Profile → 新入生インタビュー Vol.2 「愛犬も物理用語から名付けました」

新入生インタビュー Vol.2 「愛犬も物理用語から名付けました」

回答者プロフィール
性別:男性

出身地:愛知県

趣味:天体写真、コンピュータグラフィックス、ピアノ

ご入学おめでとうございます。まず、修士課程にすすまれた動機を教えてください。

大学に入学した当初から、修士課程にすすむもうと漠然と思っていました。それに、学部で習うことは基礎的なことばかりで、素粒子や宇宙など、もともと興味をもっていた専門的な分野を詳しく学ぶには修士課程にすすむしかないということは間違いありませんでした。

漠然と思っていたんですか。それでは、ニュートリノセンターを選ばれたのもなんとなくですか。

いえいえ、そんなことはありませんよ。もちろん、ちゃんと考えました。

センター長の井上先生の講義がおもしろく、また人柄もよさそうで、KamLANDカムランドの魅力を楽しそうに語る姿が印象的でした。学部一年の時にうけた自由参加のニュートリノ物理体験講習のようなものもおもしろかったので、当初から候補にしていました。少し前ですが、小柴さんのノーベル賞受賞もあり、いろいろ調べていくうちにニュートリノは熱い!と思って決定しました。

わかります!!井上先生の話は、わかりやすく教えてくれるし、興味深いし面白いですよね。

ところで、ニュートリノセンターで4年生の頃から実験をされていると聞きましたがどうでしたか。

3年までの実験はやることがカリキュラムで決定していて、もちろん結果もあらかじめわかっているので手順通り行えばよいだけですが、ここでの実験は当然ながら結果が分からないから実験でもとめようという主体的な作業なので、実験方法や測定方法なども自分で最適なものを探さなくては行けません。何をどうすればいいのか戸惑う一方で、具体的な目的がはっきりすると実現のために工夫して自ら開拓する面白さがあります。

そもそも、物理に興味を持ったのはいつぐらいですか。

小さい頃にみた秋山さんや毛利さんといった宇宙飛行士のTV番組から宇宙に興味をもち、小学校の頃は近くの天文台に毎週のように通ったりプラネタリウムをみたりしていました。中学校では東海村の事故などの影響からか、原子力や核兵器に興味をもち、高校ではスティーブンホーキングやブライアングリーンの本を読むなどして素粒子や宇宙論の世界に憧れました。日常的な世界からSFのような超常的な世界まで、物理によって説明・予測することができるとういう点に惹かれたのだと思います。

余談ですが、愛犬の名前はクォークです。

え、クォークってなんですか。

素粒子の構成要素となる粒子のことです。

愛犬にまで、物理関係の名前をつけちゃうほど、物理への興味が深いんですね。

それでは、今後研究していく分野の魅力とはなんですか。

もともと星や宇宙が好きだったので、素粒子、特にニュートリノの性質の解明は太陽の核反応や超新星など直接天文現象とつながる上、素粒子物理の発展は宇宙論にもつながり、興味がある分野同士がリンクしているということが面白いです。

今後研究していく分野について教えてください。

すべての物質は原子からできていると中学や高校で習うと思いますが、実は原子は物質の最小単位ではなく、電子やクォーク、ニュートリノなど、様々な素粒子から世界はなりたっています。そういった素粒子の性質を解明することで、現在の宇宙の仕組みや、宇宙のはじまりに何が起きていたかを考えることができます。

まだ一学期がはじまったばかりでほとんどなにもわかっていないのですが、そういった素粒子や初期宇宙のことを勉強していきたいです。

未来の後輩へ向けて一言お願いします。

ニュートリノセンターの先生方や先輩方はいいひとばかりです。みんな自分の専門分野が好きで、楽しいとおもってやっているので、学部の講義とちがってだれの話を聞いても退屈しません。
好きこそものの上手なれ、といわれているので、自分が興味があり、楽しそうに研究している研究室に入るとよいと思います。そういう点でここはうってつけだとおもいます。

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat