Browse: HomeKamLAND活動報告 → 修士論文発表会2019

修士論文発表会2019


無事に論文発表会を終えたニュートリノセンター所属の修士過程2年生の7名。発表会での様子と論文の概要をご覧下さい。

写真をクリックしますと各メンバーの発表の様子を紹介しているページへジャンプします。

『KamLAND2-Zenに向けた10C除去効率の研究』
修士課程2年 竹内敦人
(KamLAND所属)

 発表:2019年2月4日

『メタルスカベンジャーによるKamLAND検出器の
極低放射能化』
修士課程2年 亀井雄斗
(KamLAND所属)

 発表:2019年2月4日

『KamLAND2-Zen実験のための
集光ミラーを用いた高光収率検出器の開発』
修士課程2年 太田直輝
(KamLAND所属)

 発表:2019年2月4日

『KamLAND2検出器に向けた新型読み出し回路の
アナログ部の最適化とデジタルBLRの実証』
修士課程2年 大塚竣太
(KamLAND所属)

 発表:2019年2月4日

『軽い暗黒物質探索に向けた超伝導検出器の研究開発』
修士課程2年 大野 敦
(KamLAND所属)

 発表:2019年2月4日

『ステライルニュートリノ探索実験 JSNS2における
光電子増倍管の信号処理に関する研究』
修士課程2年 桑田和輝
(DoubleChooz所属)

 発表:2019年2月6日

『KamLANDのためのアナログおよび
デジタル加算回路の開発と性能評価』
修士課程2年 佐藤拓磨
(KamLAND所属)

 発表:2019年2月6日

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat