Browse: HomeRCNS Activities → <更新> M1 INTERVIEW 2020

<更新> M1 INTERVIEW 2020

2020年度は、他大学の編入生3名を合わせた計8名を迎えました。例年とは違った新学期のスタートとなりましたが、後期となり、新しい環境にも慣れたかな?というところで、皆様にインタビューをさせて頂きました。

先に、KamLANDに所属の6名の皆様から掲載させて頂きましたが、今回は、JSNS2所属の2名の生徒さんのインタビューも出来上がりましたので、紹介させて頂きます。

 

 

Interview vol.1
Goto

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 研究に、じっくり取り組みたかったからです。物理学科は、大学の4年間だけでは、基礎物理学と少しの実験しかできないので、大学院に進学して最先端の研究を経験したいと思いました。

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 世界でも最先端の大きな実験を行う一員になれることと、先輩や先生方の雰囲気の良さです。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 誰も解明できていないことを考えることと、宇宙の始まりという壮大なテーマに取り組めることです。
 
Goto1

実験室で液体シンチレータにブラックライトをあて、青く光る
ことを確認している写真

 

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 午前中に研究室に行き、ミーティングや実験をします。お昼休みを挟んで、午後も実験や解析をします。夕方に、同期や先輩方とおしゃべりした後帰ります。

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 生活リズムに変化はないですが、研究室に自分の机ができたので、今まで家や図書館でやっていた勉強をそこでやることが多くなりました。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 趣味は水泳です。

 
Goto2
 

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 「君の膵臓をたべたい」です。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 家でゴロゴロするか、買い物に行くことが多いです。

 
Goto3
 

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 現在の目標は、性能の良い液体シンチレータを開発して修士論文で発表することです。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

一緒に研究しよう〜!

 

 

 

Interview Vol.2

Asami

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 小さい頃から宇宙が好きでした。いつからか、宇宙飛行士になって、宇宙に行くよりも、宇宙はどうやってできたのか、どんな物理法則が働いているのかを解明したいなと思うようになりました。とにかく宇宙が好きで、学部時代では天文部がなかったので、自分で創設し、企業との共同で完成させた、移動式プラネタリウムの制作に特に力を入れていました(外でも上映できて、写真の人との比較からわかる通り、かなり大きくて中に20~30人くらい入れます)。
どこかの本で、宇宙の始まりはある一点から始まったから、小さい世界を取り扱う素粒子物理学を学べば、宇宙の始まりがわかると知って、素粒子に興味を持ちました。そこから、いくつか本を読んでいたら、どうやらニュートリノという、自分たちの体をほとんど通り抜けてしかも、宇宙に大量に存在している素粒子があるらしいぞ、と興味を持ち、大学院で学びたいと思うようになりました。
 

 

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 東北大学に来たのは、高校の頃の仲がいいやつがいたからです。素粒子実験界隈では有名ですし、入ったら沢山刺激をもらえそうだとも思いました。東大も興味はありましたが、学が足りませんでした。理論系に行かなかったのも同じ理由です。
ただ、大学院説明会で、センター長の井上先生からお話をお聞きし、スーパーカミオカンデに対抗するための観測技術の工夫や先生のトークが面白くて、どこかアットホームな研究室の雰囲気に、魅力を感じたので迷いませんでした。入ってみたら、正解でした。とにかく、入る要因が揃いまくっていました。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 “全ての現象には必ず理由がある” 東野圭吾原作のドラマ「ガリレオ」での湯川学が発言した言葉です。現象の裏に隠された物理法則、それを記述できる方程式に感動します。

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 最近のだらしなさに、腹が立ってきたので今は、9時に研究室に来るようにしています。決めた初日しか、守れていません。帰りは、バラバラです。徹夜癖があるので、あまり遅くならないように気を付けているつもりなんですが。。。

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 1年生の前期は、講義のレポートに追われたり、どっかのウイルスのせいで自宅待機を要求されている日々で、堕落した生活を過ごしていました。家で勉強できない性格なので、本当につらかったです。暇があれば、携帯をさわってしまう癖があるので、レポートなどの期限が近いときは、電源切って郵便受けの中に入れて乗り切っていました。大学院生活、このままでいいんだろうかと不安でしたが、なんとかここまで来れています。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 ロードバイクで山に登ったり長距離を走ったりするのが好きです。最近は、寒いので家で筋トレをしています。おすすめは腹筋ローラーです。今まで感じたことのない筋肉痛を味わえます。あとは、プログラム書くのが好きなので、さっき出てきた高校の同級生の影響で競技プログラミングのコンテストに出たりしています。
 

 

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 漫画をよく読みます。宇宙兄弟、ましろのおと、せんせいのお人形、獣の奏者エリン、天鏡のアルデラミン(後半2つは小説がおすすめ)が好きです。安易な恋愛ものとかではなく、一つのテーマに沿って描かれる人の一生や成長していく感じが好きです。異世界系も前はよく読んでいましたが、読んだ後に何も得られないことに気づいて、読むのを止めました。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 友達と遊んだり、YouTubeでゲーム実況とか見たりしています。

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 人工衛星等に搭載されるソフトウェアの開発とか宇宙に絡んだ仕事がしたい。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

RCNSでユーザーネームをフルネームにしてる人俺しかいません。気を付けてください。

 

 

 
Interview Vol.3

Gima

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 小さいころから、宇宙に関する研究がしたいと考えていました。修士を出た父の影響で、大学院まで進もうかなとはぼんやり考えていましたが、実際に大学で学年が上がるにつれ、自分のやりたいような研究は、学部だけでは十分に出来ないと感じたため、大学院に進学することを決めました。

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 ニュートリノの研究をしていく中で、実際に大きなプロジェクトの中心で、大勢の仲間と関わりながら研究がしたいと感じたので、大学院は外部に出ようと思っていました。
RCNSに決めた理由は色々ありますが、一番はやはり雰囲気です。RCNSのみなさんは優しくて楽しそうだったのでここに入りたいな、と思いました。あとは、東北大学の雰囲気や仙台という街にも強く惹かれました。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 物理の面白いところは、想像もつかないようなはるか遠い世界の現象から、ごく身近な世界の現象に対する答えをもたらしてくれることだと思っています。素粒子研究に関しても、目には見えないけれど、とても身近な事象を扱っていると思えば、はるか遠い宇宙に繋がっていたりして、不思議な気持ちになります。あとはSFみたいな話が、実際に理論が積み重なった大真面目な話だったりするところが面白いなと思います。数学が苦手な自分にとって理解することは本当に難しいですが。。。
 
Gima1
 

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 朝型人間なので、なるべく早めに行って早く帰りたいと思っています。が、最近は、寒くて布団から全然出られないです。研究室では、自分の研究が今のところデータの解析が中心なので、基本的にずっと自分のデスクにいます。

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 コロナの影響は、やはり大きいですが、私の場合は、それに加えて、初めての一人暮らしが始まったので、生活は、180度変わりました。日常生活においても研究においても、やることが多くなり忙しくはなりましたが、とても充実していると感じています。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 最近はできていませんが、中学生の頃から薙刀をやっています。
あとは、旅行が大好きなのですが、最近はコロナで行けてないですね。代わりに、街を散歩してお店を開拓するのがマイブームです。仙台は、おしゃれなカフェやおいしい居酒屋が多くて本当に楽しいです。(おすすめのお店があったら教えてください!笑) 特に、居酒屋に関しては、もともとお酒は弱いのであまり飲まない方なのですが、こちらに来てからお酒を飲むことが好きになりました(笑)


Gima3Gima2

 

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 本は、あまり読まないのですが、自粛期間中は、村上春樹をよく読んでいました。宇宙系だと、前の研究室の課題図書だったサイモン・シンの「宇宙創生」が読みやすく面白かったのでオススメです! 映画は、Queenが好きなのでボヘミアンラプソディーを何回も観に行きました。あとは,友達と踊りながら見たインドの「バーフバリ」が面白かったです。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 カフェや飲みに行ったり、地元の友人と電話をしながらだらだらしたりします。ぼーっとしていると、気づいたら休日が終わっています。

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 直近の目標は、コロナのせいでセンターの方々とあまり話せていないので、皆さんともっと話してみたいなと思っています。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

お会いできるのを楽しみにしています。仲良くしてください!

 

 

 

Interview Vol.4

Suzuki-Y

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 東北大の理学部生が、ほとんど進学するということだったので、自分もその流れで大学院進学かなと思っていました。4年生になって、RCNSに所属となり、卒業研究として暗黒物質の候補アクシオンの探索を行っていました。半年では成果が出ず、研究の大変さを思い知る結果となりましたが、それと同時に研究の楽しさも感じることができ、院に進んで、もっと研究をしたいと思うようにもなりました。

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 高校時代に読んだ本で、宇宙物質優勢を初学者向けに説明している本があって、それを読んで、東北大のKamLANDの存在を知りました。ニュートリノに興味を持ったのは、そのときです。0ν2βという面白い研究を、地元である宮城の大学でやっていると知りました。その後、実際に東北大に入学して物理を勉強し、他の研究室なんかもいろいろ見てみて、最終的にRCNSに決めました。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 未知の現象を解明していくことが面白いと思います。

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 午前中は授業で、午後に研究という感じです。授業は、前期の内に必要単位をほとんどそろえているので、後期はけっこう余裕があります。今年は、コロナの影響で授業がリモートだったり、家で作業することも多いです。
 
Suzuki1
 

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 授業なんかもありますが、自分の研究を第一に優先して行うようになったのが、学部生時代と変わったところかなと思います。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 趣味はゲームですかね。モンスターをハントするゲームとかやっています。最近のマイブームは、、、これもゲームですが麻雀です。吉田君にルールを教わってからハマっています。

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 あまり本は読みませんが、伊坂幸太郎さんの作品は面白かったです。「重力ピエロ」、「死神の精度」が良かったです。映画もほとんど見ませんが、アニメが好きなのでジブリをはじめとしたアニメ作品はよく見ます。ドラマは、SPECが好きでした。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 趣味のゲームをしたりして、だらだらと過ごしています。インドアなのでほとんど外出しません。
 
Suzuki2
 

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 自分の研究を進めて、それなりの成果が出せるようには頑張りたいと思っています。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

自分のやりたいこと,興味のあることを、楽しんでやるのが一番だと思います。素粒子やニュートリノに興味のある方は、是非RCNSに!!
 

 

 

Interview Vol.5

Yoshida-Y

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 4年生の時の、卒業研究だけでは、まだ研究したりないと思ったのが2割くらいで、残りの8割は、みんな進学するからってかんじです。あと、まだ働きたくないっていうのもありました。なので、あまり人に誇れる進学希望ではないですね。

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 設備が充実しているからですかね。学部1年のときニュートリノセンターに友達と一緒に見学しに来たのですが、そのときにセンターに入ったらiMac一台もらえると聞いて、絶対この研究室入りたいと思いました。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 物理の面白いところは、この世の現象をシンプルな数式で書き表せることじゃないかなと思います。自分自身物理に興味を持った理由が、高校の時の物理の授業で、初めて運動方程式を習ったとき、この世の運動を「ma=F」というシンプルな式で表せるなんて、すごいと思ったからでした。
 
Yoshida1
 

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 自分は、お昼を大学に食べに来て午後から研究、夕食も大学で食べて、結局、家に帰るのは、8:00とかが多い気がします。あと、研究のスケジュールは、結構自由な感じなので、朝からきて夕方くらいに帰るみたいなスケジュールの人もいますね。

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 朝が遅くなりましたね。もともと学部の頃も朝は、9:00起きとかで遅かったんですが、大学院に入って、講義をとらなくなったことで、午前中に予定がなくなって、今では、お昼前に起きるなんてこともしばしばです。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 最近の趣味は、麻雀ですかね。もともと、学部の頃からやってはいたのですが、最近、特にはまっていて、この間、麻雀の戦術書を買ってしまいました。
 あと、最近少しやれていないのですが、ルービックキューブなんかも結構好きです。僕がやっていたのは、スピードキューブと言われている分野で、以下に早くルービックキューブを解き終えるか競い合うものです。早く解くためには、練習も必要なんですが、決まった手順をたくさん覚える必要があって、その手順を、しらみつぶしに覚えていくのが、結構大変でした。でも、自己ベストのタイムを更新したときの喜びは、めちゃめちゃすごいです。ルービックキューブの大会にも参加しました。(大会といっても、参加希望をすれば出れるもので、予選を勝ち抜いたとかではないです。)あと、少しだけ自慢できることは、自己ベストが9.03 sなことです。(今は、たぶんできません。)


Yoshida3Yoshida2

 

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 最近読んでいるのは、西尾維新先生の物語シリーズです。登場するキャラがどれも個性たっぷりで魅力的です。また、そのキャラ達の軽快なトークが読んでて心地よいので気に入っています。もう一つ、お勧めしたい本は『イニシエーション・ラブ』という本です。基本的なストーリーは、よくある恋愛もので、あるカップルの大学時代から社会人までの変遷を描いたものです。これだけだと、何が面白いのかよくわからないと思うのですが、この本を最初からちゃんと読んで、最後の一行を読んだ瞬間、めちゃめちゃ驚きます。詳しく説明してしまうと、ネタバレになってしまうので、これ以上言えないですが、とにかく読んでみてほしいです。
 映画、ドラマについては本でまあまあ文量をとってしまったことと、あまり見ないという理由で割愛させてください。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 超インドア派なので、基本的に、お出かけはしないで、家でゲームをしたりyoutubeを見たり、アニメを見たりって感じでだらだらしています。

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 あんまり先の目標を持たないタイプなので、直近の目標をいうと、企業の内定を取って、修論を提出できるようにすることです。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

少しでもニュートリノに興味があったら、是非研究室に見学に来てください。いつでもウェルカムです。
 

 

 

Interview Vol.6

Sakai

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 一番は研究がしたかったからです。物理学科は、学部生のうちはほとんど座学で、研究する機会は全然ありませんでした。せっかく物理を専攻しているのだから、何か面白いことをやりたくて大学院に進学しました。

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 最初のきっかけは学部一年生のときの井上先生の授業です。井上先生がニュートリノについて熱く語っているのを聞いて、そんな面白い物があるのか!と思いました。その後、自分でいろいろ調べて、よりニュートリノについて興味が湧いたため、この研究室にしようと決めました。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 スケールの大きさです。目にも見えない小さな素粒子が、途方もなく大きな宇宙の起源となっています。そんな素粒子を使って、色々研究するのはロマンたっぷりです。

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 朝10時くらいに大学に来て、夜7時くらいに帰ります。
本当は、もう少し早く来たいのですが、朝は眠くて動けません。

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 あんまりないかな?強いて言えば、家に帰るのがちょっと遅くなったくらいです。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 高校の時から吹奏楽部で、パーカッション(打楽器)をやっていまして、それは、今もずっと続けています。打楽器は、やればやるほど奥が深いです。この曲、この場面ではどういう音を出すのが最適か?どういうグルーブ感で叩くのが一番合うのか?とか色々考えだすとキリがなく、そこが面白いところです。
 

Sakai1

Trio per Unoという曲をやった時の写真

 

あとは、大学に入ってから始めたクラシックギターも趣味の一つです。まだ全然指がまわりません。
 

Sakai1

いつも使っているギター

 

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 本は国、時代、ジャンル問わずいろんな人の作品を読みます。一番のお気に入りは星野道夫さんの「旅をする木」です。アラスカでの生活を綴ったエッセイで、文章の空気感がとても好きです。
映画は「hairspray」が好きです。ノリノリのミュージカル映画で、ストーリーも良く元気が出ます。あとやっぱりシンプルに曲が好きですね。踊りだしたくなります。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 楽器の練習をしたり、ゲームをしたり、映画を観たり、散歩したり…色々します。基本的にインドア派です。

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 何事にも真摯に打ち込めるようになりたいです。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

一緒に研究しよう!

 

 

 

Interview Vol.7

Noguchi

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 自分のスキルアップをしたかったからです。(というのは建前で、99割働きたくなかったからです。)

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 研究室見学をした際に環境や雰囲気が良いと思ったからです。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 物質を構成する最小単位、という大元の部分を解明していこうというところですかね?根本的な部分であるからこそ、研究が進めば様々な分野に貢献、応用できる可能性があると思っています。

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 一週間に一回研究報告をするミーティングがあるので、それに向けて毎週研究にあたっています。学部と違って、自分で時間を決めて行動するので、日によって(気分によって)スケジュールは違います。ただ、だらけ過ぎていると、そのツケは同然帰ってくるのでそこには注意しながら過ごしています。(4敗)

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 授業や研究が重なっているので、もちろん学部よりも疲れます。そのせいで、自炊のレベルが下がりました。今の寒い時期だとほぼ毎日、とりあえず、あったかくて簡単な鍋でいいかーとなっちゃってます。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 今年は、釣りにはまってました。もともと釣りは好きだったのですが、このご時世で、外に出たいという欲求が爆発+某アニメの影響ではまってしまいました。友達とおしゃべりしながら、あたりを待つのは好きな時間です。釣れたらもっと楽しいんですけどね。
 

Noguchi1

 

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 ドラマはリーガル・ハイがめちゃくちゃ好きで、実家に帰ったら、必ずと言っていいほど見ています。困ったらリーガル・ハイ見とけばいいと思います。本は、漫画以外あんまり読まないんですけど、オオカミ族の少年や精霊の守り人、獣の奏者エリンなどには、はまっていました。映画は、アニメ系のをよくアマ〇ラで見ています。お気に入りは、クレヨンしんちゃんのアッパレ戦国大合戦です。泣けます。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 時間に余裕があったら、釣りかゲームをしています。ただ、最近は寒くなってきたので、釣りは控えて、友達と通話しながらゲームをしています。あとはy〇utubeを垂れ流しています。最近は、海外の反応集をよく見ています。海外の人はリアクション大きいんでアニメやゲームの反応集は面白いです。

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 しっかりと親孝行することが一番の目標ですかね。自立して生きていけるよう力をつけて、恩を返したいです。親には本当に感謝しているので。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

がんばろう

 

 

 

Interview Vol.8

Dodo

1. 大学院進学を決めた理由を聞かせてください。

 大学院に進学して、研究することに魅力を感じたからです。特に、氏家さんと末包先生からは、色々と教えていただきました。学部の最後のほうから、東海村でJSNS2に参加させていただけて、より研究に興味を持ちました。

2. なぜ、RCNSに入りたいと思いましたか?当センターに決めた理由や、きっかけはありますか?

 昔、ニュートリノの存在を知って興味を持ち、東北大学に入って改めてニュートリノに惹かれて、入りたいと思いました。最終的には、学部のときのRCNSでの物理学実験が2回とも楽しかったことが大きいと思います。

3. 物理や素粒子研究の面白いところ、魅力を教えて下さい。

 物理研究の面白いところは、様々なものや、ものが従う法則などをデータとして観測できるところだと思っています。特に、素粒子研究では、手を尽くすことで見えないものを観測できるようになることが面白いと思っています。
 
Dodo_detec

検出器と昨年2月のオンサイトのメンバーです。

 

4. 研究室での研究スケジュールは、どのような感じでしょうか?

 東海村でJSNS2に参加しています。時期によって多少変わりますが、研究室や実験施設にいる時間は、おおよそ平日9時から19時までくらいでしょうか。毎日実験に関わる様々なことを教えていただいています。

5. 大学院に入ってから、生活の変化はありますか?

 9月の中ほどからほとんど東海村(J-PARC)におり、現在は寮で生活しています。学部でも来ていましたが、今回は、より長期の滞在です。実家生活なので、初めての一人暮らしを体験しているような感覚でいます。こちらに来てからは、実験の都合もあり規則正しい生活になりました。

6. 趣味やマイブームはありますか?

 趣味はゲーム、他に将棋や謎解きなど、部屋で1人でもやれるものです。ゲームはRPGを中心にアクション・シューティング・音ゲーなど主に1人でやれるものを幅広くいろいろとやっています。最近は、35周年の3Dコレクションをやったり、米を力に変えたり、社長として全国の物件を購入したりしました。将棋は、タイトル戦を観たり、詰将棋を解いたり、たまに詰将棋を作ったりしています。人との対局は、ここ5年ほどまともにやっていません。謎解きは、主に短いものをまとめて解いています。一時期謎を作っていましたが最近は、しばらく作ってないです。
 現在のマイブームは…忙しい時期なので特にないです。少し前は握り詰(ランダムな駒で作られた詰将棋)作りに、はまっていました。他人からは、理解できないような無駄なこだわりや、やりこみを感じるものによくはまります。
 
Dodo_quiz1

ちょっと前に作ったものです。(他にもあるので、下記見てみて下さい。)

 

7. 好きな/面白かった本・映画・ドラマはありますか?

 高校以降まともに読書をしていなくて・・・。将棋の本で挙げるなら、内藤國雄先生の「図式百番」です。初期配置・手順など様々な面で趣向を凝らしたものが多く、非常に面白いと思っています。僕の詰将棋観に、大きな影響を与えた本の一つです。
映画・ドラマについては、ほとんど見たことがなく、好きと言えるものはないです。

8. 休日は、どのように過ごすことが多いですか?

 ほとんど寮(部屋)に引きこもっています。外出は、買い物に行くくらいです。最近は、あまりよくないと感じて、たまに研究室などに行くようにしています。

9. 現在の、ご自身の目標・夢を教えて頂けますか?

 直近の目標としては、先輩が作った「氏家システム」をきちんと引き継ぐこと、近い目標としては、JSNS2への理解を深めたうえで、システムの担当者としてエキスパートになること、遠い目標としては、JSNS2で博士論文を書くことです。

10.最後に未来の後輩へ一言お願いします!

JSNS2でステライルニュートリノ探索をしよう!

 
Dodo_quiz2
 
Dodo_quiz3
 
 

皆さま、インタビューへのご協力ありがとうございました。

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat