Browse: HomeKamLAND activities → 博士・修士論文発表会 2021

博士・修士論文発表会 2021


今年は、コロナの影響でオンラインでの発表となりましたが、1月28日、2月1日&2日と、論文発表会がありました。ニュートリノセンター所属、博士課程3年生の1名と修士過程2年生の5名の方達の、発表会での様子と論文の概要をご覧下さい。

写真をクリックすると、各メンバーの論文概要を紹介しているページへジャンプします。


『Detector R&D and Sensitivity Study with the First Data for the Sterile Neutrino Search using J-PARC MLF Decay at Rest Neutrino』

博士課程3年 日野 陽太
(JSNS2所属)

   発表:2020年1月28日 (論文概要 未公開)




『J-PARC MLF施設におけるステライル ニュートリノ探索実験 JSNS2のための液漏れ監視システムの開発および 1MW 運転時の背景事象の研究』
修士課程2年 氏家 亮祐
(JSNS2所属)

   発表:2021年2月1日


『KamLAND2-Zenにおける発光性バルーンでの波形弁別による212Bi-212Po背景事象除去に向けた開発研究』
修士課程2年 中村 陸生
(KamLAND所属)

   発表:2020年2月2日


『ステレオ撮像による素粒子反応三次元再構成の研究』
修士課程2年 前村 直哉
(KamLAND所属)

   発表:2020年2月2日


『KamLAND2 実験に向けた新型フロントエンド回路の研究開発』
修士課程2年 中村 公亮
(KamLAND所属)

発表:2020年2月2日


『KamLAND2-Zen実験に向けた集光ミラーの形状最適化』
修士課程2年 三本杉 洸斗
(KamLAND所属)

   発表:2020年2月2日



  

皆さん、大変お疲れさまでした‼︎

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat