Browse: Homeメンバープロフィール → INTERVIEW ~ 2012 M1 ~

INTERVIEW ~ 2012 M1 ~

今年も色々聞いてみました!
RCNS修士課程1年生のみなさんは一体どんな院生生活を送っているのか…





#1

“『授業でやったことがある』だけで終わらせたくなかった”

福島県出身/県立福島高校卒
趣味:ポケモン、MTG、ボードゲーム

#1. 大学院進学の理由

せっかく大学に進んでまで物理を学んだので、『授業でやったことがある』だけで終わらせるのではなく自分の手で研究をしてみたかったからです。

#2.RCNSに決めた理由(きっかけ)

入学前のオープンキャンパスと3年の学生実験、いつかの実験室見学会での印象が良かったからです。進学の場合は長く所属する事になるので、雰囲気や印象といった要素は研究室選びでかなり重要だと思います。

#3.どんな研究をしている?(したい?)

電子回路等を研究するMoGURA組に所属しています。ニュートリノの反応は微弱なので普通の実験よりもノイズ等の問題が重くなります。そのあたりの問題を解決する事でデータの精度を上げるためのグループです。今はデータ転送時のノイズの調査ため毎日パソコン画面に立ち向かってます。

嘘です。ちゃんと座って向かってます。

#4.物理(素粒子研究)のおもしろいところ、魅力

量子力学の存在を強く感じられるところでしょうか。素粒子の状態の記述は量子力学準拠ですから。大学物理の顔である量子力学を使う分野だというのは、物理に興味を持つ人間にとって結構な魅力だと思っています。

#5.大学院に入ってからの生活の変化

平日が研究室中心に回るようになりました。授業もあるんですけど、学部生の頃とは感覚が違います。

#6.マイブーム

ホームステッダーズ(建物の購入権利を競り合って資源や得点を手に入れるボードゲーム)何回やっても借金まみれのプレイスタイルから抜け出せない。何故。

#7.息抜きの方法

立って歩く。これが一番。

#8.毎日欠かさない事

ビタミン炭酸のMATCHを毎日飲んでます。『毎日の様に』ではなく、毎日。

#9.将来の夢、目標卒業、就職、親孝行……

……夢ェ…

#10. 未来の後輩に一言!

ニュートリノセンターは人材、施設両方の揃った素晴らしい環境の研究室です。研究室を見学する機会はいくつかあるので、一度来てみてください。

TOPにもどる


#1

“今まで常識だったものが壊れるような発見が多々ある”

名前:大木悠平
出身地:山口県、出身校:山口県立防府高等学校
趣味:スポーツ観戦、お酒(飲むのも作るのも)、読書、アルティメット

#1. 大学院進学の理由

そもそも4年間の大学生活では基本的な事しか学べないだろうと思っていたので、入学した時点で大学院進学を考えていました。実際に4年間を過ごしてみましたが、「なにこれおもしろそう!」と思った事に手を付けるための知識も時間も足りなかったため進学することに決めました。

#2.RCNSに決めた理由(きっかけ)

研究するならやはり世界と張り合えるところがいいと考えていました。そんな考えを持ってどこに進もうかを考えているうちに、世界の最前線で戦っているKamLANDグループで研究したいと思うようになりました。

#3.どんな研究をしている?(したい?)

宇宙で最も激しい天体現象の一つに、ガンマ線バーストという現象があります。まだ仕組みが解明されていないのですが、いくつか候補が考えられていて、その中にはバーストと同時にニュートリノも放出するというものがあります。私はガンマ線バーストの観測に同期してニュートリノが飛んできているのかどうかというのを、KamLANDのデータを使って調べたいと思っています。

#4.物理(素粒子研究)のおもしろいところ、魅力 

今まで常識だったものが壊れるような発見が多々あることです。
また、素粒子実験に関していえば装置の巨大さにロマンを感じます。KamLANDでっかいです。

#5.大学院に入ってからの生活の変化

パソコンとにらめっこしてる時間が長くなりました。自慢の視力が衰えそうで怖いです。

#6.マイブーム

週末の夜にお酒を飲みつつ音楽を聴きつつ台所で料理をしてます。酔いがまわった頃に布団に飛び込むと幸せな気持ちになれます。翌朝ちょっと後悔します。

#7.息抜きの方法

チョコアイスを片手に暖かい緑茶を飲むとホッとします。

#8.毎日欠かさない事

なんやかんやで毎日シェイカーを振ってる気がします。お酒を作るだけじゃなく、お茶などの飲み物を一瞬で冷やせるのでこれからの季節おすすめです。

#9. 未来の後輩に一言!

百聞は一見に如かずといいます。どこに進もうか迷ってる人もある程度決まってる人も、ぜひ一度その目でニュートリノセンターを見て、センターの雰囲気を経験してみてください。

TOPにもどる


#1

“目に見えない小さな粒子が宇宙の謎を解く鍵になるというところにわくわくします。”

名前:山内 祐貴子

出身:愛知県豊田市 南山高等学校女子部

趣味:映画大好きです!

#1. 大学院進学の理由

学入学の前から『理学部に入るのならば大学院も』と思っていました。実際、入学してみると大学で学ぶ物理はとても楽しくもっと色々なことが知りたい研究がしたいという気持ちが強くなり進学の道を選びました。

#2.RCNSに決めた理由(きっかけ)

今KamLANDが行っているKamLAND-Zen実験や将来計画としてあるダークマター探索実験に心惹かれたのが主な理由です。鉱山の中にある、大きなKamLAND検出器で世界最先端の実験を行っており数々の成果を出しているKamLANDは本当にすごいと思います。素晴らしい先生方や先輩方に囲まれて研究できる今の環境はとても恵まれています。  

#3.どんな研究をしている?(したい?)

KamLAND検出器はとても大きいです。中に液体の入った風船があるのですが、その直径は13m(ビルの約4階分に相当)にもなります。その大きな検出器の中で、実際にイベントが発生した位置とデータをもとにそのイベントがどこで起こったのかを計算して再現した位置がどのくらいの精度で合っているのかを調べています。

#4.物理(素粒子研究)のおもしろいところ、魅力 

高校でならう力学で物体がどのように動くのか、運動方程式を解くことにより分かることができると知ったときは感動しました。そして、なぜ自然界はこの法則にしたがっているのだろうと不思議に思いました。物理の魅力は私たちが住んでいる世界で、なぜそんな現象が起こっているのかを少しでも理解することが出来るところだと思います。

特に素粒子研究では全く目に見えない小さい粒子が宇宙にある謎を解く鍵になるというところにわくわくします。


マイブーム
実家の犬と遊ぶこと(小太郎とゆず)
#5.息抜きの方法
おいしいお菓子を食べながらの先輩、友人とのおしゃべり。たまに先輩方と外にご飯を食べにいく(研究室にある漫画を読む笑)

#6 未来の後輩に一言!

ニュートリノセンターは最先端の研究を行っていて素晴らしい先生方と先輩方の指導のもと思う存分研究が出来る素晴らしい研究室です。一度見学に来ていただけたらその魅力はきっと伝わるはず。ぜひ一度、気軽に遊びにきてくださいね。

TOPにもどる

#1

“同じ理系の人に研究内容を話すと必ず「おお!かっこいいな」ってなります”

名前:松田涼太

出身:仙台第一高校

趣味:カフェ 天体観測 街中徘徊

#1.大学院進学の理由
理学部なら大学院は当たり前。もはやそういうものだと認識していました。
実際、4年間ではやりたい実験とかあまりできませんからね。皆さんが大学院ま
で進むのも納得です!

#2.RCNSに決めた理由
関わるなら大きな実験がいいなーと大学に入ったときからぼんやりとですが考え
ていました。
研究室調べをしていてRCNSを見た瞬間びびっときました。ここだと。

#3.どんな研究をしている?
KamLAND-Zen実験の感度を上げるための次期計画としてpressurized計画というも
のがあります。
僕はこの計画で使用する液体シンチレータの開発をしています。
実際に液シンを作って、その性能を調べています。地味ですが装置をいじったり
実験らしいことがたくさんできます。

#4.物理の面白いところ、魅力
ロマン。この一言に尽きます。
同じ理系の人に研究内容を話すと必ず「おお!かっこいいな」ってなります笑

#5.大学院に入ってからの生活の変化
家が”家族と団らんしたり、ゆっくり過ごす場所”から”お風呂に入り寝る場所”に
変化しました。
#7.息抜きの方法
山に行って天体観測、天気が悪いときはプラネタリウムに行きます。
猫の写真集見てにやにや

#8.毎日かかさない事
天文年鑑でその日の天文現象のチェック

#9.将来の夢、目標
ばりばり働いて、老後をたくさんの猫と綺麗な星空に囲まれて過ごします!

#10.未来の後輩に一言!
RCNSに来て後悔することはないです。
来ないで後悔することはあるかもしれませんが。
とりあえず一度見学に来てみてください!

TOPにもどる

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat