Browse: HomeKamLAND活動報告 → WELCOME TO RCNS! 留学生インタビュー VOL.4

WELCOME TO RCNS! 留学生インタビュー VOL.4

 名 前   :DSC_5772 フィリップ・クローゼ
 国 籍 :  ドイツ   

 出身校 :  ミュンヘン大学
 学 年 :  修士1年年生

 趣 味 :  ピアノ、読書、囲碁

 Name           :  Philipp Klose
 Nationality  :  German  

 University   :  Technische Universität München
 School Year :  1st year in Master 

 Hobbies       :  Piano, Reading, IGO

 

 

 

 

DSC_5776

Q.出身のドイツの好きなところはどこですか?

ドイツで特に好きなところは”ワークライフバランス”が取れている事です。1日を仕事の為だけに過ごさない、というスタイルは一般的にとても良い事と考えられています。決して怠けても良いという意味では無く、自由時間を豊かに、そして何かの為に生産的に使おうという事です。例えば、仕事を持っていても両親二人ともが毎日、十分な時間を子供のために過ごします。そして、大勢の人がジョギングやスポーツジム等で運動を行い、健康に気を使っています。特に年配の人々は何かしらのクラブ活動に参加し、似た趣味を持った人との出会いの場を作り、ボランティア活動にも参加します。これらの自由時間と引き換えに、就業中は集中力や生産性を厳しく求められます。就業中の私用電話やメール禁止の企業も沢山あります。

Q. What do you like about Germany?
One thing I like about germany very much is the idea of work-life balance. Generally, this means that it is considered a good thing if a person does not spend their whole day at work. This doesn’t mean that its good to be lazy or slack off, though. Rather, people are supposed to do something productive during their free time. For example, even if they work at a company both parents are usually expected to spend a significant amount of time with their children each day. Many people practice some sort of sport like running or maybe join a fitnessclub in order to stay healthy, and especially a lot of older people join either some sort of club where they can meet like-minded people or engage in volunteer work.And in exchange for this amount free time people are expected to stay very focused and productive during work. For example, many companies do not allow private phone calls, texting, or emails during office hours.

 

Q.日本にきて一番の気苦労はなんでしたか? 

日本に来るうえで一番の挑戦だったことは、友人や家族と離れなければならなかったことです。ですが、留学係りの皆さんやセンターの皆さんのおかげで今では日本にも馴染むことができました。ただ、今よりももっと日本語が上達できていれば良かったと思います。

Q. What was your most challenging experience for you since you come to Japan?
For me the most challenging part of living in Japan was leaving behind all my friends and family in Germany. But thanks to all the people in the exchange division and at RCNS I do now feel at home in Japan. However, I would’ve liked to improve my Japanese a lot more than I actually did.

 

Q. フィリップさんの母国の出身大学と東北大学の特に感じた違いありますか?

日本では、学内でのコミュニティーを築く事を大事にしていると感じました。学生同士の交流を大事にしており、研究室での時間も仕事だけでなく、授業の課題を行ったり同僚との交流をはかる場でもあると感じました。ドイツの大学では純粋な業務指向がより強いです。

Q. Please tell us about your home University and the differences you see  between the university here and your home country?
In Japan I feel a lot of effort is spent on building a community within the University. The students are supposed to become friends with each other and time in the Lab is not only reserved for working, but also for doing homework and socializing with your peers. I think German universities generally are more task-oriented.

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAQ. 当センターを選んだ理由は?

一人の人間としてまた科学者として、知らない文化を経験する事や、科学に対して別の見方で取り組むことがとても重要だと考えています。そういった意味で、RCNSに参加する選択はとても自然な成り行きだったと思います。ここでの研究はとても興味深く、日本での滞在経験により全く違った方向から世の中の物事を見ることができました。

Q. How did you know about RCNS? and what made you bring to RCNS?
I believe it is important for me as a person (and as a scientist) to experience cultures and approaches to science that differ from what know in my home country. In that context doing joining the RCNS for COLABS seemed to be a natural choice, since I find the research here pretty interesting and staying in Japan allows me an altered perspective on the world.

 


Q.ここ(RCNS)を選んだ理由はありますか?

今回の留学にあたり利用した奨学金制度のCOLABSに申請する前から、どうにかして留学はしたいと考えていました。日本には元々興味があったので、日本語や日本の歴史について大学で学んでいました。ですから、海外への短期留学を検討した際、日本を選んだのは自然な流れだったように思います。そして留学するならば物理の勉強をしたいと望んでいたので、ミュンヘン大学と交換留学制度があり、物理が学べる良い大学を探しました。また、日本語にそこまで自信がなかったので、英語での留学プログラムがある大学を探しました。もちろんどこの大学でも良かったのではなく、日本でもトップクラスの大学を探しました。東北大学は、その条件にぴったりでした。
-ミュンヘン大学と交換留学制度がある
-日本でもトップレベルの物理学部がある
-研究グループに参加し、間近で研究を知ることが可能
-奨学金制度COLABSでは日本語での説明が必須ではなかった事

東北大学の研究室の中でも特にRCNSに興味を持ちました。ここでは、KamLAND装置があることにより、実際の生きたデータを取り扱う事ができる点が一番の決め手となりました。また、ニュートリノ研究全般についてももっと知りたかったのもあります。

Q. How I chose RCNS?
Even before I applied for the COLABS program, I knew for quite a long time that I wanted to study abroad in some way or another. And since I was interested in Japan, I started learning Japanese and reading up on Japanese history when I entered University. So when I actually started preparing for a semester abroad it seemed like a natural choice to go to Japan. However, I also wanted to do something physics and research related during my stay here.Therefore, I searched for a university with an exchange agreement with the Munich University of Technology (TUM) which  would allow me some insight in some of the actual physics research done at the university. Also, I searched for available programs in english since I was not confident my japanese skills would be enough to talk about research in japanese. And of course, I didn’t want to join just any University but apply for one of best in Japan.The Tohoku University fits that description almost perfectly:
– It has an exchange agreement with the TUM
– According to most rankings its one of the best universities in Japan for physics
– I would get some insight into the acutal research done by joining a research lab
– The COLABS program did not require me to talk about my research in japanese

Within the research Labs of the Tohoku University, I found the RCNS especially interesting, due to the KamLAND detector. One of the main reasons I applied here specifically was the prospect of being able to work with the actual KamLAND data in some way. Also I was interested in learning more about neutrino research in general.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Q. 来月で帰国になりますが、日本でまだ経験していないけど、食べたいもの・旅したい場所などはありますか?

日本滞在の最後には、日本国内を1、2週間旅行したいです。京都、奈良、広島に行ってみたいですね。それぞれの場所でご当地グルメを味わいたいです。それと富士山にも行っていたいです。

 

Q. Are there anything you wish to try eating/traveling/or experiencing in 
Japan that you haven’t yet?
At the end of my all to short stay in Japan I hope to travel through Japan for one or two weeks. I would like to visit Kyoto, Nara, and Hiroshima and try to eat some regional specialties from those cities. In terms of Nature, I would like to see Fuji-san.

 

 DSC_5780Q.将来の目標を教えて下さい。

近い将来でのプランは更に1年半ドイツで修士課程を続けるので、沢山の講義を受けることになるでしょう。その後、博士号をとり(ひょっとすると日本で?)日本語の勉強を続けたいです。それとまた別の国の言語にも挑戦してみたいです。

Q. What are your objectives in the future?
My plan for the immediate future is to continue my master program in Germany for the next one and a half years, which means I will be attending a lot of classes. After that, I would like to do a PhD (maybe in Japan?) and finally I want to continue learning Japanese and maybe start learning another language after that.

 

 

フィリップさん、ありがとうございました!また是非日本に戻ってきてくださいね。

インタビュー日付:平成27年2月25日

 

 

 

 

© 2009 NEWSPRESS. POWERED BY WORDPRESS AND WPCRUNCHY.
Design by Acai Berry. In collaboration with Online Gambling, Credit Repair and spielautomat